喫煙で薄毛になる理由

両親共にフサフサだから自分は薄毛になることはないと思っている人は多いでしょうが、そのような恵まれた環境にいる人でもタバコを吸っていると台無しになってしまいます。
タバコというと体に悪く、肺の病気などのリスクを増大させることで有名ですが、薄毛とも深い関わりがあるのです。


タバコを吸った途端に抜けていくわけではありませんが、徐々に頭皮や髪へ悪影響が及んできます。
とくに長年にわたりタバコを吸っていたり、一日の吸う本数が多かったりする人は注意しなくてはいけません。
法律により定められているわけではないためやめることは強制できませんが、ハゲたくなければ禁煙に取り組んだほうがいいのはいうまでもありません。


当サイトで詳しく解説しますが、喫煙習慣があると健康な頭皮や髪に欠かせない栄養成分が失われてしまったり、栄養成分を運ぶ血管が細くなってしまったり、栄養を有効活用するための重要な役割を果たしている肝臓に負担を強いたりすることになるのです。
これらは全てタバコに含まれているニコチンをはじめとする有害物質による影響で、吸い続けている限り薄毛になる可能性は非喫煙者である状態より高いままになってしまうでしょう。


また、喫煙習慣がある人はAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが非喫煙者より多く、AGA発症の危険度が高いことが海外の研究によりわかっています。
百害あって一利なしといわれているタバコですが、髪にとってもいいことは何一つないのです。

Copyright © 2014 喫煙と薄毛の関係 All Rights Reserved.